Kochab の星見日記

★子育て&家事の合間の隙間時間で星見(星空観察)・天体撮影をしています(太陽、惑星、銀河、星雲、星団、国際宇宙ステーション、・・・など)

「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2023年12月17日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL8、ポラリエ)

自宅前にて、「系外銀河M65・M66・NGC3628」を撮影しました。


機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL6 + ポラリエ です。
(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)
(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )


↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

系外銀河M65・M66・NGC3628

今シーズン二回目の しし座の系外銀河トリオです。 

今回は月明かりはなかったのですが 透明度が悪かったので

特に NGC3628 が とても分かりにくくなっていて

微かに写っているような感じです。

 

NGC3628 はどうしても光害地での撮影ゆえ

空の条件が良い時に やっと存在がやっと分かるくらいですからね。

透明度の良い日に 再度チャレンジしたいものです。

「子持ち銀河M51」の撮影 2023年12月13日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL8、ポラリエ)

自宅前にて、「子持ち銀河M51」を撮影しました。


機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL8 + ポラリエ です。
(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)
(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )


↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

子持ち銀河M51

画像中心部の二つのモヤッとした雲のようなものがM51です。

今シーズン初ですが これを撮影すると いつもテンションUPしますね。

この日は、まだ高度が高くはなかったのでコントラストがイマイチでしょうか。

そんなこともあって 少々ムリヤリ画像処理していてノイズが出てますが

M51の渦巻の姿が なんとなく分かるような分からないような・・・。

まぁ こんなもんでしょうね。

小型の機材で しかも短時間で これだけ撮れれば

上出来では ないでしょうか。

正直 欲を出すとキリがありませんからね。 

「太陽(白色光)」の撮影 2024年2月28日(機材:ミニボーグ45EDⅡ、E-PL8、ポラリエ)

自宅屋上にて、太陽を撮影しました。

機材は、
ミニボーグ45EDⅡ+オリンパスE-PL8+ポラリエ です。(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用)

これに、
バーダープラネタリウム社の
「AstroSolar セーフティーフィルター」
を取り付けて撮影しました。

 

↓リサイズ、トリミング、感度ISO200、露出1/2500秒、低振動モード2秒

2024年2月28日 太陽(白色光)

この日は、早朝から快晴で日没まで安定した天候でした。

久しぶりに布団も干そうかと思いましたが

数日前から 目が痒くて痒くて仕方がないことを思い出して 止めました。

花粉ですね。かなりの量が飛散しているかと思います。

自分だけではなく 家族も同じような症状を訴えていたので

良い判断だったと思います。

 

まぁとりあえず 太陽の観望&撮影日和ですから お決まりの撮影となったわけです。

シーイングがイマイチで かなりボケボケの写真もありましたが

5枚ほど撮影した中で 一番良さそうなのをチョイスしました。

 

さて、黒点の出現状況ですが

西側に かなり大きな目立つ黒点がありますね。

その他にも全体的に パラパラと小さな黒点が点在していますから

少々賑やかになってきた感じがして テンション上がりました。

「月」の撮影 2024年2月28日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL8、ポラリエ)

自宅前にて、「月」を撮影しました。


機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL8 + ポラリエ です。
(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)
(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )


↓トリミング、感度ISO400、露出時間1/1000秒、低振動モード2秒

2024年2月28日 月齢17.8

久しぶりに明け方の月を撮影しました。

撮影時の天気は 快晴で風もなかったので良かったのですが

シーイングが悪くて ピンと合わせに苦労しました。

ヘリコイドを行ったり来たりしていると「ピントは ここかな?」と思うと

すぐにボヤケる始末。

時々刻々とピントの位置が変わるような感じだったので

ちょっと多めに撮って良いのを選んだ感じですね。

言い方が良くないかもしれませんが

下手な鉄砲数撃ちゃ当たる的な考え方で撮りました。

 

通常の お月様であれば 数枚の撮影で終わっていましたが

今回も 少々もりあがってます 小型月着陸実証機(SLIM)が

着陸している 月だからです。

ある記事によると、14日間続いた極寒の夜をのりこえて

2月25日に通信を再開したとのことです。

そんなことを知ってしまうと いつもとは違う特別感がありますよね。

 

さて、着陸地点の ↓ おおよその場所を示してみました。

小型月着陸実証機(SLIM)の着陸地点(かなりアバウトです)

欠け際に近い場所なので 小型月着陸実証機(SLIM)に

太陽の光が当たるのも あと2日くらいでしょうか?

暗闇に入ったら また しばし休憩でしょうかね。

「系外銀河M81・M82」の撮影 2023年12月13日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL8、ポラリエ)

自宅前にて、「系外銀河M81・M82」を撮影しました。


機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL8 + ポラリエ です。
(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)
(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )


↓リサイズ、トリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、セルフタイマー2秒

系外銀河M81・M82

画像中心右寄りの銀河が 系外銀河M81

画像中心左寄りの銀河が 系外銀河M82 です。

北斗七星の柄杓の部分が大分高い位置にあったので

「これは撮るしかない!」と思いました。今シーズン初ですね。

この日は 月明かりがなく 透明度も比較的良かったと思います。

画像の左側が若干明るくなってますが、おそらく近所の家の光だと思います。

住宅地なので まぁ そんなこともありますよね。

「系外銀河M65・M66・NGC3628」の撮影 2023年12月13日(機材:ミニボーグ67FL、7108、E-PL8、ポラリエ)

自宅前にて、「系外銀河M65・M66・NGC3628」を撮影しました。


機材は、ミニボーグ67FL + 7108 + オリンパスE-PL8 + ポラリエ です。
(ポラリエ雲台ベースType-EQセットを使用鏡筒の詳しい情報はこちら)
(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )


↓リサイズ・ノートリミング、感度ISO2000、露出時間30秒、低振動モード2秒

系外銀河M65・M66・NGC3628

今シーズン初撮影の しし座の系外銀河トリオです。 

この日は 月明かりがなく 透明度も比較的良かったと思います。

 

ちょっとコントラスを良くするために画像処理で頑張りましたが

やはりノイズが残ってしまいましたね。

NGC3628 はどうしても光害地での撮影ゆえ 存在がやっと分かるくらいですね。

今回撮れた画像ですが、郊外地で小口径で観望したときのイメージに

近いかもしれませんね。

そういう意味では ちょっと嬉しい一枚です。

CP+ 2024 行ってきました!(サイトロンジャパン編)

CP+ に行ったときは よく立ち寄っています

■↓サイトロンジャパン・ブースです。

今年は昨年よりもブースが広くなったかもしれません。

とても沢山展示されていて 圧倒された感じがあります。

さて、最初に目についたのが ↓こちら。

地味かもしれませんが、国産アクロマート屈折望遠鏡です。

↓こちらが 説明書きですね。

おいくら するのでしょうかね。

わざわざ こういった入門者向けの望遠鏡を新たに作るということは

それなりの特徴があるのでしょう。特にお話を聞いたりしなかったので

補足情報はありませんが 何か期待したくなるような製品ですね。

 

さて、↓こちらは だいぶ認知が進んでいるかと思われます。

最近流行りかと思います。スマート望遠鏡という部類でしょうかね。

左側のが「Vespera II」、右のが「HESTIA」です。

Vespera II」は、簡単に言うと「Vespera 」をグレードアップさせた望遠鏡です。

価格的に オイラは手が出ないのですが 今・最も欲しい望遠鏡かもしれません。

HESTIA」は、スマートフォンを本のような光学系と合体させて

専用アプリで明るい天体を楽しむような望遠鏡のようです。

おいくらするのか気になるところですね。

 

こんな面白いものが、↓展示してありました。

「Stellar Glases」です。

簡単に言ってしまうと「星空が良く見えるようになる眼鏡」ですかね。

とても興味あります。

ここ数年で 歳のせいもあり 視力が落ちてきてしまって

裸眼では 星空が良く見えなくなっているので、(星がぼやけて見える)

最近 近視用の眼鏡をかけたりしていますが

この「Stellar Glases」を使った方が良く見えるのかなぁ・・・とか思って

欲しくなりました。

かなりの注目商品ですね。