Kochab の星見日記

★子育て&家事の合間の隙間時間で星見(星空観察)・天体撮影をしています

「木星にイオ(ガリレオ衛星)の影」2021年8月25日 19:20~20:20頃 見えるかも!

今、日没後に東南東の低い空に一番最初に見える明るい星は、

月を除くと おそらく木星です。

8月20日木星が衝となりましたので、木星の観測最適期だと思います。

今年も そういった季節になりました!


木星の縞模様を見るのが 面白いのは もちろんのことですが

木星ガリレオ衛星によっておこる天文現象が意外と面白いです。
木星本体に 時々見ることが出来る ガリレオ衛星の影も なかなか乙なものですよ。

 

さて、 

シュミレーションによると

8月25日、19:20~20:20頃まで木星面にイオの影が

見えそうなことが分かりました!

 

 

東京では 薄明が終了するのが 19:49頃  ですから 晴れてくれれば大丈夫でしょう。

  

2021年8月25日 19:20、↓木星は 東南東の空に見えます。

f:id:Kochab:20210819162428j:plain

木星の西側には、土星も見えることでしょう。


2021年8月25日 19:20 ↓ 望遠鏡で低倍率~中倍率にて見ると・・・(正立画像です)

f:id:Kochab:20210819162604j:plain

左から

カリスト

エウロパ

木星本体とイオ(眼視ではイオはおそらく見えません)

ガニメデ 

と並んでいるかと思います。

 

2021年8月25日 19:20 ↓ 望遠鏡で高倍率にて見ると・・・(正立画像です)

f:id:Kochab:20210819162811j:plain

この時間帯では イオの影が 木星面の中央に見えそうです。

ガリレオ衛星のイオは 木星のすぐ手前にきているので

木星とイオが 重なり合っている状態ゆえ イオの姿は観測不可能だと思います。

ここで、面白いのが

イオとイオの影が 大赤斑のちょうど すぐ北にあるということです。

これは、機材にもよりますが シャッターチャンスですね。

イオの影と大赤斑のコラボが撮れるとイイですね。

オイラは、まずは眼視に集中したいと思います。

 

2021年8月25日 20:20 ↓ 望遠鏡で高倍率にて見ると・・・(正立画像です)

f:id:Kochab:20210819163932j:plain

このときは 木星面の 西の端に イオの影が あります。

イオの影が見える ギリギリ最後の時間帯かもしれませんね。 

 

天気とシーイングさえ 良ければ 10センチ程度の屈折望遠鏡でも

150倍くらいの高倍率にすれば見えると思います。

 

とにかく晴れることを期待しましょう。 

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

【注意】イオの影は、どんな望遠鏡でも見えるわけではありません。

 

目安として 口径10センチくらいから見える可能性が高くなると思います。

倍率は 100倍以上は必要だと思って下さい。出来れば150倍は欲しいですね。

 

■自分の機材での経験ですが「この機材でイオの影が見えたか?」を

ここに記しておきます。

 

コ・ボーグ36ED→ ✖ 見えませんでした

ミニボーグ50FL→ ✖ 見えませんでした

ミニボーグ67FL→ △ 見えました!(ギリギリ見えた感じです)

BORG90FL→ ○ 見えました!(ほぼ確実に見えるようです)

VIXEN FL102S→ ◎ 見えました!(かなりハッキリと見えました)

(【参考情報】BORG72FL→ ◎ ハッキリと見えたという情報がありました ) 

あくまでも目安だと考えて下さい。

空の状態によっては 見えたり見えなかったり変化するものですからね。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★