Kochab の星見日記

★子育て&家事の合間の隙間時間で星見(星空観察)・天体撮影をしています(太陽、惑星、銀河、星雲、星団、国際宇宙ステーション、・・・など)

「黒目銀河M64」の撮影 2020年1月2日(機材:コ・ボーグ36ED、スリムフラットナー1.1×DG、E-PL5、ポラリエ)

自宅前にて、「黒目銀河M64」を撮影しました。


機材は、
コ・ボーグ36ED + スリムフラットナー1.1×DG + オリンパスE-PL5 + ポラリエ です。 (機材詳細は、こちら
(★極軸望遠鏡 PF-LⅡ にグレードアップしました → 詳しくはこちら )


↓リサイズ・トリミング、感度ISO2000、露出時間50秒、低振動モード2秒

f:id:Kochab:20200123034323j:plain

黒目銀河M64

画像中心部の モヤッとしたのが 黒目銀河M64 です。

追尾が上手くいっていたので トリミングをかなり大きめにしてみました。

今回のトリミングはいつもより「エイッ!」と言う感じで大胆にやったので

どうかなぁ・・・と思いましたが、けっこう耐えうるものだと感心してしまいました。

2020年から コ・ボーグ36EDを久しぶりに 引っ張り出して使い始めたのですが

この機材の優位性が分かってきた気がします。

ミニボーグ67FLを使用した画像と比較すると

コ・ボーグ36EDは 明らかに星像がシャープです。

しかも安定しています。

 

理由は次の3つかと オイラは思ってます。

①超軽量ということで架台の負荷が極小となって追尾精度が良い

②超小口径なのでシーイングの影響が極小ゆえ撮影星像が安定的にシャープである

③超小口径なのでシーイングの影響が極小ゆえピント合わせが安定して容易に出来る

 

ポイントは、コ・ボーグ36ED は 超軽量および超小口径ということですね。

 

昨年は、使用頻度が低かった機材ですが

今年使用してみて コ・ボーグ36ED の素晴らしさを再認識しました。